失敗から学ぶ!【初心者向けのマンション投資】

男の人

空室対策が重要です

集合住宅

不動産購入

アパートを投資物件として購入する場合、一棟丸ごと購入するケースが多いです。マンションの場合は区分購入することもできますが、アパートは一棟買いするとしても、投資金額はマンションを購入するよりも少なく済むからです。地域や路線価、立地条件などで金額は異なりますが、一棟買いするために必要な金額の大部分は金融機関からの融資に頼る必要があります。融資の返済は家賃収入を原資に返済してい計画が一般的です。そのため、投資物件の見極めが重要となります。月々の返済が滞らないために、満室に近い入居率を維持する必要もあります。近年、様々な投資物件が増えていますが、マンション購入にしても、アパート購入にしても、事前のリサーチや周辺の相場など、検討材料を拾う中で、価格が相場と剥離していないかチェックすることも大切です。

不動産経営のリスク

アパートにしても、マンションにしても、空室対策に苦慮するケースがあります。特に、アパートを投資物件として所有している人の多くが、一棟丸ごと購入しています。仮にアパートが8部屋あり、空室が4部屋ある場合、家賃収入が満室時の半分にしかならず、借入している場合、家賃大部分が返済に回り、手元に資金が残りにくくなります。そこで、空室を減らす空室対策を常に意識しておく必要があります。近年、2か月、3か月分を無料にするフリーレントによる入居促進により、空室を埋める対策を講じているところもあります。また、投資物件が老朽化している場合、リノベーションにより新築同様の物件に再生さえることも増えています。いかに空室を埋めるかがポイントなりますので、ニーズに見合った方法で、空室を埋めることが空室対策の近道となります。